災害の種類や状況によって非常食の内容を決める

 災害食

Q 備蓄している非常食と防災対策

非常食は状況に合わせて用意しておく

日本はその地形の影響から地震の多い国です。
また地球温暖化などによる影響からか、最近では豪雨などによる被害もよくニュースでとりあげられています。

災害が増えると避難が必要になってくるケースも増えてきます。そしてそんな時に役に立つのが非常食です。
皆さんはどんな非常食を備蓄されていますか。
今回はそんな非常食の備蓄について考えてみたいと思います。

まず、どう非常食を備蓄して行けば良いのでしょうか。
私は、大切なのは様々なケースを想定した備蓄をする事だと思います。

例えば、非常食が必要になるケースも様々あると思います。ですので、自宅から出て何かあった時の為にカバンの中に水や固形の非常食を入れておいたり、長期的な避難が必要になった時の為に缶詰やレトルト食品などを備蓄しておくなどです。

他にも水が止められた場合や、ガスが使えない状況など、考えられるケースは様々あると思います。
火を使わなくても食べられる物や水を使用しなくても食べられる物など、状況に合わせて用意しておく事が大切です。

私は何パターンかに分けて備蓄をしています。カップラーメンや缶詰、レトルト食品やお菓子などをそれぞれの状況にあわせて割り振り、すぐに持ち出せたり、使用できるようにまとめています。

災害時に迅速で応用のきく対応ができるように、様々なケースを想定した非常食の備蓄ができるように心掛けましょう。

(レフトさんより)