お湯を使うおいしいインスタント食品の非常食

インスタントフード

Q アンケート内容 / 備蓄している非常食について教えて下さい

インスタント食品の非常食

東日本大震災で未曾有の被害を出した日本。防災意識も高まり普段から非常用グッズを備えておいてる人も多くなりました。
我が家も大きなリュックの中に様々な防災グッズを詰め込んでいますが、その中には非常食もあります。
定番のカンパンやナビスコのリッツなんかのビスケットもお気に入りですが、お湯が使えるようになった時の楽しみとして
カップラーメンも入れています。
中でもお気に入りのカップめんは「マルちゃんやきそば弁当」。北海道でしか発売しておらず、北海道民にはおなじみの大人気カップやきそばです。
人気の秘密は味もさることながら、3分経った後通常であれば捨てるはずのお湯を別の容器に入れて粉末スープを溶かすことで「中華スープ」として楽しめることです。
現在ではたらこ味や塩味など、味のバリエーションも豊富で大きさも大判などがあり十分おなかを満たすことができます。
きっと被災してもこれを食べれば少しは幸せな気持ちになれるかもしれません。
そのほかにもレトルトカレーやお湯を注ぐだけのワカメスープなど、おいしいインスタント食品をリュックの中に詰め込んでいます。
お湯があるかないかで非常食もだいぶ変わってきますよね。当然これらの食品は賞味期限が近づいたらおいしくいただいて新しいものとチェンジ。
備えあれば憂いなし。どうせ食べるならおいしい非常食を常備しておきたいですよね。

ご回答ありがとうございました !!

お湯が使えるかどうかで、非常食の幅も大きくかわってきますよね。美味しさもかなりプラスされると思います。それにしても「マルちゃんやきそば弁当」って北海道限定なんですね、ぜひ食べてみたい!捨てるはずのお湯をスープに使うというリサイクル可能な点がとても素晴らしいと思います。非常食としてもご馳走になりそうですね♪

アンケートフォームへ