アメリカ製の防災食糧セット「アーク3」

アーク3

Q アンケート内容 / 備蓄している非常食について教えて下さい

アーク3の防災セット

我が家では、ラーメン以外にも、非常食として、常温保存可能、電気屋ガス不要、水不要で、開封すればそのまま食べられるものを備蓄しています。

その中のひとつが、アメリカ製の防災食糧セット、「アーク3」です。

アーク3は、アメリカの沿岸警備隊が公認している栄養バランスに優れた非常食です。1パックで、成人が一日の摂取に必要なカロリーと栄養素を3日分摂ることが出来ます。

高たんぱく、低脂肪、コレステロールゼロ、ビタミンやミネラルがたっぷり詰まった非常食で、一食分は400キロカロリーです。まるでダイエットにも良さそうな感じですね。下手したら、普段の食生活よりずっと健康的な非常食なのでは?と思ってしまうほどです。

この非常食セットには、水もついており、これも一日に必要な水分量を満たすことが出来るものとなっています。持ち運びにかさばらない真空パックで衛生面にも配慮しています。

このアーク3の凄いところは、常温保存で5年間もつことです。もっといえば、食糧は、マイナス40度から148度、飲料水は、、マイナス40度から110度までの環境に耐えられるように作られています。

さらにNASAとの共同開発で作られたサバイバルブランケットが付属しています。これは人間の体温を90%保持できる高性能ブランケットです。素材も丈夫で耐火・防水性に優れており、滅多なことでは切れません。万一の際は、結んでハシゴ代わりの命綱にしたり、傷病者を運ぶ担架として利用することも出来ます。

我が家では、玄関収納においてある非常用リュックの中と、外出先で被災した場合を想定して車の中に保管しています。

東日本大震災を経験した自分としては、最低限、このくらいの備えはしておくべきだと実感しています。

ご回答ありがとうございました !!

すごいですね、完璧ですね、このアーク3って、沿岸警備隊が公認するのも納得の高機能な非常食だと思います。水もブランケットもセットになっているなんて、非常時はとってもありがたいですね。それに過酷な環境下でもちゃんと耐えうるよう考慮されている点も、他の非常食とはずば抜けて高機能だと思います。大変貴重な情報をありがとうございました、参考にさせていただきます!

アンケートフォームへ