非常食

非常食

非常食

非常食セット大口注文
このページは「非常時の食生活について 」の情報コンテンツです。
非常食 > 非常時の食生活について

豆知識

非常時の食生活について

極限状態での生活では、食事は健康な体を維持するためだけでなく、ストレスの発散、心の癒やしにもなる重要なものです。

まず水分補給

健康を維持するためには絶対に欠かせないのが水です。水が必要な非常食も多いため、配分を考えて消費することが生き抜くために大事なこととなります。移動の途中に公園や給水所を見つけたらこまめに水を補給しましょう。震災直後には異常なかった水道状況が時間がたってからストップしてしまうということも考えられます。水の確保は災害時に最も大切なことです。

食欲がなければ甘いものを

糖分は脳にすばやく栄養を送ることができ、疲労を回復することにも必要な成分です。固形物を食べる気力がないときは、アメなどの糖分を口にすると、手っ取り早くエネルギーを補給することができます。

歩行中でも食べられるものを

震災直後はどこに危険があるのか目で判断するのは難しいと言えます。そんな中、屋外で腰を落ち着けて食事をとることは危険な行為です。しかも、もしもまた地震が発生したときにすばやい対応ができなくなるので、ゆっくりと食事をとるのは、身の安全が完全に確保された場所に到着してからの方が賢明です。そのため、移動中の食事は歩きながら食べられるものがベストです。

お腹がすいたらできるだけ食べよう

お腹がすいたら、ガマンせずにできるだけ食事を取ることを心がけましょう。避難を余儀なくされる状況がいつまで続くか、震災直後は予想できません。避難生活が長引けば食事をとるという活力も徐々に失う可能性があるので、食べる気力のあるうちに、できるだけ食事を口にしましょう。

火気があるなら温かいものを

火気が使える場所に着いたら温かいものを食べましょう。最近の非常食は、おいしいことが前提としてつくられているので、味はかなり満足できるものばかりです。しかもそのバリエーションは豊富で、あきることなく食事を楽しめます。

残った非常食は交換を

娯楽も何もない避難所での生活。唯一の楽しみと言えるものが食事です。避難生活の中心は食べることであり、おいしい食事、温かい食事は体力をつけ健康的な体を維持するだけでなく、心を癒やし、不安やストレスを解消してくれるはけ口となります。非常食を交換しながら、周囲とのコミュニケーションを取りましょう。

非常食 激安通販