非常食

非常食

非常食

非常食セット大口注文
このページは「地震の時にするべき事 」の情報コンテンツです。
非常食 > 地震の時にするべき事

豆知識

地震の時にするべき事

東日本大震災では改めて、地震や津波の恐ろしさを目の当たりにしました。もし地震が起きたときにどのように行動するのか、日頃からシミュレーションしておくことが大切です。

地震発生したら

火の始末

台所などで火を使っていれば、すぐに消しましょう。揺れが大きく、身の危険があるときは仕方ありませんが、火はできるだけ早く消したいものです。揺れを感知したら、すぐにでも消してください。

テーブルの下などに隠れて身を守る

ケガをしてしまうと、避難することができません。まずは自分の身の安全を確保してください。家具や本棚などが倒れてこないか、気をつけて。普段から転倒防止の対策をしておくことが肝要です。

地震がおさまったら

火が出たら消火

もし地震発生時に火の始末できなくて、出火した場合、天井に燃え移る前なら、あわてずに消火を行いましょう。消化器など消化用具は、用意しておきましょうね。

玄関や窓をあける

地震の揺れによって、歪んでしまいドアや窓が開かなくなってしまうことがあります。特にマンションなどの中高層住宅では、逃げ口を失うと避難できないので、できるだけ早く、逃げ道の確保をしてください。

ガスの元栓を閉める

ガスの元栓を閉めてください。ガスが充満した場合、静電気で大爆発が起こることがあります。

停電したらブレーカーを落とす

停電した場合、ブレーカーは落としましょう。避難する場合も、ブレーカーを落としてから避難してください。停電から復旧したときに、ショートして火災となるケースが多く見られます。

海岸付近にお住まいの方は高台へ

海岸付近や河川沿いにお住まいなど津波の危険がある場合は、できるだけ高台に逃げてください。平時から逃げる場所を決めておきましょう。丘や山でなくて、鉄筋コンクリートのビルでもかまいません。できるだけ丈夫で高い場所へ逃げてください。

準備がすべて

普段から万が一を考えて準備をしておくことが重要です。地震が起きたときにどのように行動すればよいか、事前に家族でシミュレーションしておくとよいでしょう。非常食やラジオ、懐中電灯、乾電池など物資の準備もしておくと万一の場合も、安心して行動できます。物質的な面はもちろんですが、準備ができていたことでの精神的な安心感が災害直後の不安定な精神状態では大きいと思います。

非常食 激安通販